火の粉を浴びて災いを退ける 炎の奇祭『タバンカ祭』

2014年09月03日16時13分 更新
Check

観光スポット紹介 / 会場情報 / 関連記事

観光スポット紹介

大宝八幡宮の奇祭『タバンカ祭り』

[1]タバンカ祭り[2]タバンカ祭り②[3]火を畳で消す様

9/12(金),14(日)はタバンカ祭り

毎年9月12日と14日に開催されるタバンカ祭りは、全国でもココ、大宝八幡宮でしか行われていないという奇祭。1370年に大宝八ヶ寺の1つ、賢了院が出火した際に、「畳」や「鍋ぶた」を使って、消火したという故事がモデルだとか。
大きな松明に火をつけ、勢い良く燃え上がる炎囲み、畳や鍋ぶたをバタンバタンと力強く石畳に打ち付ける。この音が「タバンカ祭り」という名の由来という。初詣でおなじみですが、また一味違う八幡さまをぜひ見に来てみてはいかがでしょう。

会場情報

施設名 大宝八幡宮
住所 茨城県下妻市大宝667
電話番号 0296-44-3756
開館時間 8:30~17:00
定休日 毎月第二火曜日
駐車場 無し(最寄のお土産屋さんに無料駐車場有)
各種情報
地図


大きな地図で見る


関連記事もチェック!
Check
この記事へのコメント