Drive Meet@下妻市~しもつまスマートドライバー~

2014年09月08日19時31分 更新
Check

Drive Meet / スマートドライブ / 施設情報 / 関連記事

Drive Meet

[1]筑波サーキット[2]筑波サーキット地図

モータースポーツ×スマートドライブ

『モータースポーツを楽しみながら、事故を防げるドライバーになろう。』を合言葉に8月23日にDrive Meet@下妻市が開催されました。
イベントの発案者である、宮城光さんは「ボウリングの練習をするのに、ボウリング場に行くでしょ。それと一緒で、クルマの練習をするなら、サーキットできちんと走るのが一番いいんだよ。」と仰ってました。
また、プロドライバーの菊地靖さんや、宮城光さんのプライベートレッスンなども行われ、参加者も貴重なレッスンを楽しんでいました。

スマートドライブ

[1]ランボルギーニ[2]Ferrari owner’s club

走行会

Drive Meetでは、ランボルギーニが3台参加(実際に走ったのはこの2台)。普段、なかなか実力を発揮できないクルマも、サーキットなら全力を出せるということで、仲間で集まって走らせていました。
別の走行会(フェラーリのオーナーズクラブ主催)も同日行われていました。フェラーリオーナーの、切替さんは『普段、道路では思いっきり走れないけれど、サーキットでの走行会は仲間と気持ちよく走れますね。』と清々しくお話ししてくれました。
普段は、ツーリングをされているようで、年に数回サーキットで走らせるそうです。

[1]ロータス47[2]ジネッタ

往年のレーシングカーも走行

ロータス47やジネッタといえば、もはや伝説と化しつつある車種ですが、きちんとメンテナンスされ、元気に走行していました。
両車種とも、日本に数台…というくらいの希少なものだそうな。ロータス47は、その当時、各上クラスの車の順位を上回るほどの実力を持つほど。
ジネッタ…これはG4かG12だろうか?1960年代にイギリスで生産された車両で、どちらもイギリス国内で数多くの戦績を残してきたらしい。
そんな車も集まり、乗る機会が得られる筑波サーキットって、実はスゴイところ??

プライベートレッスン

チューンナップされたマーチにプロドライバーが同乗したり、運転してもらったりのプライベートレッスンが行われておりました。
しもつまnavi記者も、宮城光さん運転のマーチに同乗させていただきましたよ。 『経験したことのない加速、減速、ヘアピンカーブ…とにかく興奮が止まらない!!モータースポーツの楽しさは体感してみると見えてくる!!』と言っていました。
貴重な経験をありがとうございました。

菊地靖さん(写真右)

タイムを上げるには…という質問が良くあります。コーナーでしっかりブレーキを踏んで速度を落として、立ち上がりの早い段階で加速することがポイント。安全だし、実はタイムもよくなりますよ。

宮城光さん(写真左)

どうすればどうなるのか。それを実践で学べるのはサーキットならでは。走行会に来てみたり、ドライバーから聞いたりする機会がここにはあるんです。ぜひまた来てください。

施設情報

施設名 筑波サーキット
住所 茨城県下妻市村岡乙159
電話番号 0296-44-3146(筑波サーキット)
地図


大きな地図で見る


関連記事もチェック!
Check
この記事へのコメント