カラコンの大きさの選び方

カラコンを見るときはカラーやデザインだけではない!?

カラコンは様々なタイプの商品が販売されていますが、それを購入するときに見るポイントはカラーやデザインだけではありません。
自身の目の状態や視力に合わせた商品を選ぶことが大切ですし、大きさにも注意して購入する必要があります。
特に大きさは、カラコンのタイプや製造している会社によってかなり変わってくる部分ですので、目のサイズが小さい方や、カラコンを入れるときに毎回苦労をしている方は小さいサイズのカラコンを選ぶと良いです。
レンズの直径はDIAと呼ばれ、商品の説明欄にはたいてい書かれていますので、購入するときにDIAの数値はチェックしていきましょう。
また、大きさの他には、使用するカラコンがハードタイプなのかソフトタイプなのかによってもつけ心地は変わってきます。

目のサイズをはかってみよう

カラコンを購入する前に、まずは瞳のサイズをはかってみる方法があります。定規などを使って、自身の黒目の大きさをはかり、それに合ったカラコンを使うのです。
また、適切なサイズのカラコンを使うことで、よりカラコンが映えて見えるようになることもあります。
レンズ直径については13.1mmから14.0mmなど微妙にサイズが違ってきますので、普段利用する商品の大きさを把握しておくと、次回購入するときの目安にもなってきます。
カラコンを購入するときには見なければ行けないポイントは沢山ありますが、レンズ直径は使い勝手や装着感に影響する重要なポイントですのでおさえておくと良いでしょう。ちなみに、カラコンのレンズ直径は、それが大きくなったからと言って価格に大きく影響することは少ないです。